宝塚・西宮エリアの住みやすさを探る 建築/不動産メディア

賃貸探しは、購入物件探しのチャンスにできる

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

分譲賃貸に住むことでそのマンションのことがよく分かる

結婚と同時に賃貸物件を探しはじめ、数件の物件を内覧したのちに、宝塚の実家の近くの築30年の分譲賃貸を見つけた。家賃7万2千円、約70平米・3LDKのマンション。

分譲賃貸とは、分譲マンションの所有者が賃貸に出した物件のこと。アパートなどと違い、マンション全体のうち、数戸だけが賃貸になっていることが多い。

今回、始めから分譲賃貸に絞って探していたわけではないが、探していたエリアは分譲マンションが多く建つエリアだったので、内覧したうちの半分は分譲賃貸だった。

マンション購入時の気になることの一つに、管理の状態や住んでいる人のことなどがあるけれども、実際住んでみないとわからない。その他にも、水圧の関係で水の出が弱いだとか、ブレーカーの容量が足りないだとか、中古マンションの場合、住むことで気づけることはいろいろある。

将来購入を検討している中古マンションで、賃貸物件があれば、お試しで住むことができるメリットは高い。また、住んでいると、誰かが引っ越ししたかなどがわかることで、不動産業者が売り出す前に売却の可能性がわかる場合もある。

賃貸中に不動産会社に売ってもらえるのか聞いてみた

借りた部屋に住んでみると、管理人さんの対応も良く、とても住みやすいマンションだった。ずっと住み続けても良いと思える環境だった。

ただ、床や壁紙はリフォームされていたが、キッチンやトイレやお風呂などの水回りは建築当時の古いままだったので、老朽化してきていたし、間取りも古いままだった。子供が生まれた後も広さ的には十分だったので、思い通りにリフォームしたいなとは思っていた。

賃貸ではできることが限られているので、家を買うことを真剣に考えた時に、大家さんに物件を売ってくれるかどうか、ダメ元で相談してみたが、売却予定はないとのことだった。

7年も住んでいたら、自分たちが出た時にどこをリフォームする必要があるかはなんとなくわかる。家賃が7万円で、共益費と修繕積立金の合計が2万円を超えていたから、実質の家賃収入は5万弱ということになる。築40年近くなり、さすがに設備などの入れ替えが必要な状態で、次の入居者を募集する前にリフォーム費用に少なくとも200万ぐらいかかるのではと思っていた。単純計算で、元を取るのに40か月、礼金などがあるのでもう少し期間は短くなるけども、そこまで出してまで、再度貸し出すかどうかは微妙かなと感じていた。それもあって、自分たちが購入しても良いなと思える物件が出た時に、候補の一つとして相談してみたのであった。

ちなみに、7.2万円×12か月×7年=604.8万円! 賃貸家賃として支払った額。賃貸入居時の物件の相場が、一千万円ぐらいで、退去時の相場が、800万円ぐらいだったので、結果論ではあるけれど、長年住むことが始めから分かっていたら、購入しておいた方が得だったということになる。もちろんその物件は売りには出てなかったし、住んでみるまでは欲しいと思えなかったのもある。また、支払った金額の中には、共益費と修繕積立金も含まれる。ただ、入居後1年ぐらいのタイミングで購入を打診するというのはありだった戦略かもしれない。

この物件にかかわらず、賃貸入居時に、リフォームにあまり費用をかけていない物件なら、価格次第では売却してもいいと考えている所有者もいるだろうと思う。あと、築年数が古い物件は、値下がり幅が少ないのも購入を検討したくなるポイントだ。

そういう意味で、住んでみて、よかったら早めに声をかけておけば良かった気もする。物件の価値を理解しているから、少しぐらい相場より高く買っても良いと思えたし、家賃を払い続ける年数のことを考えると元が取れた話でもある。

賃貸物件として見た、賃貸アパートと分譲賃貸の違い

賃貸物件として建てられたアパートと分譲マンションとして建てられた物件は、建物全体のコストのかけ方に違いがある。エントランスや管理の面で分譲賃貸の方が上。

また、共益費などから管理費用が捻出されていることもあり住人へのサービスも手厚い。家賃にも多少反映していることもあるが、自分が探していた範囲においては、同一エリアの同じぐらいの広さの物件なら、一般的な賃貸物件も分譲賃貸も家賃にはそれほど大きな違いはなかった。なので、単純に賃貸物件としての魅力だけを見ても、分譲賃貸は住み良い物件な気がする。

住んでいた賃貸物件のその後

あんまりないケースかもしれないけど、賃貸物件を探すタイミング時にそんなことを考えて探すと、ちょっと面白いのではないかなと。ちなみに、自分が引っ越ししたのち、その物件は、すぐに売りに出されていた。その価格は、自分が提示した金額よりも200万ほど高かった。しばらく広告に出ていたが売れていなかった。その後、売却の情報はなくなり、3年経った今でも空家。あの時買っていたら、今頃はそのマンションにリフォームして住んでいただろう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 住みやすいこの街のこと , 2018 All Rights Reserved.