Chatbotの可能性と世界一働きたい組織づくりのこと

iPhoneX用スマベルト一体ケース(SMA-BELT THIN)を試してみた

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

iPhoneX用スマベルト一体ケース(SMA-BELT THIN)を試してみた

SMA-BELT(スマベルト)は、裏面についている粘着テープでスマホに接着するのだが、実はiPhoneXのようなガラス筐体には直接貼り付けられない。ガラス面だと、両面テープの粘着力が弱く外れる恐れがあるからだ。そうすると、せっかくケースなしで使いたいという目的が達成できない。自分は手が大きくないので、ケースを付けてスマホが持ちにくくなるのがしっくりこなかったので、ガラスフィルムを貼った上に、スマベルトを貼って使っていたのだが接着力には問題なかった。裏面に貼った保護フィルムもガラス素材なので、接着力は最高状態ではないかもしれないが、持つ時に、本体の下に小指を添えて持ったり、あまり強く引っ張らないように扱っていたので外れることはなかった。ただあくまで自己責任の範囲。その記事についてはこちら

ただ、もっと普通にiPhoneXで安心してスマベルトを利用したいという人はきっといるとは思っていた。保護フィルムは表の画面部分だけでOKという人もいると思う。ガラスフィルムで裏面をカバーしてからスマベルトを貼るという方法は、自分にはベストな選択だったけれどもちょっとマニアックな感じもする。そんなことを考えていたら「スリムなケースにスマベルトをつける」という発想から生まれた商品がスマベルトを作っているメーカーから発売されていたので試してみた。

スマベルト一体ケース SMA-BELT THIN

https://www.roox.jp/products/belt-thin/

ケースがジャストサイズでiPhoneXに完全フィット

硬質なエンボス仕上げの樹脂ケースは、取り付けに多少苦労するが、一旦取り付けた後は、ジャストフィットでケースの存在を感じない。ブラックの場合、本体の縁の色と一体化し正面からみてもケースに入っているようにはほとんど見えない。

SMA-BELT(スマベルト)はケース本体に取り付けてある。それにより、両面テープで取り付け金属部分が不要なため、他社のケースにスマベルトを取り付けるよりもずっとスリムになっている。

内側は、こんな感じ。スマベルトが本体と一体化している。

(追記1)使ってみての感想

SMA-BELT THINにiPhone本体が隙間なくしっかりはまるので、ベルトを持った時も安心感がある。また、ガラスフィルムにスマベルトを貼っただけだと本体の角の保護に不安があったが、これだとその部分も安心。ケースの手触りもよく質感が高い。スマベルト付きケースとして完全に完成していると思う。

ただ、実際に使ってみて思ったことは、前回、スマベルトを取り付ける時に裏面のリンゴマークが見えるようにと思って少しだけ、標準の取り付け位置よりも、スマベルトを本体の下側に取り付けた。そうすると、文字がとても打ちやすく小指を本体の下に引っ掛け易かったので、ベルトに通す指の負担が減り疲れにくいというメリットがあった。なので、自分の場合は、スマベルトの位置がもう少し下にあったほうが使いやすいと感じた。これは前回たまたま取り付ける位置をずらしたことによって感じた点だ。慣れの問題なのかもしれないが、スマベルトを新しく付け直す時には、前回よりもさらに下に取り付けようと思っていたぐらいだったのでやっぱりもう少し下のほうが良いかなと。もう少し使ってみて、また感想を書いてみたいと思う。

結論としては、iPhoneX用スマベルト一体ケース(SMA-BELT THIN)は、スマベルトをケースに直接取り付けることで、「こんなにすっきりと仕上がるんだ」という取り付けの工夫への驚きと感動と想像以上の完成度を感じられた商品だった。

スマベルトの取り付け位置に慣れてくるなら、裏面にガラスフィルムを貼ってその上にスマベルトを貼るよりもこっちのほうが全然いいのでしばらく使ってみようと思う。

(追記2)個人的な最適位置の比較

ケース一体型のiPhoneX用スマベルト一体ケース(SMA-BELT THIN)のベルトの位置と自分が最適に感じる位置を比較してみた。位置は本当に個人差があると思うが、文字入力を優先していることと、スマベルトに中指一本を入れて、人差し指で挟むようにして持ち、小指をiPhoneの下に添える持ち方が一番指が楽なことからこの位置に。今は、ガラスフィルム+スマベルトの組み合わせで使っている。両面テープは、接着から24時間ほど引っ張らずに置いておいたほうが良いとのことだったので、そのようにしたら今のところ外れる感じはしない。

どちらを選ぶかは、個人の持ち方によると思う。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© Bot Life , 2018 All Rights Reserved.